高野裕子Yuko Takano in LONDON

yukotakano.exblog.jp ブログトップ

FESTIVAL DE CANNES 2014 day11

Day11 Winners
今年の受賞者が発表された。パルム・ドールはカッパドキアを背景にしたトルコ映画、ニュリ・ビルゲ・セイラン監督の“Winter Sleep”,  審査員賞には新作”Mommy”が大好評だえったカナダの新鋭グザヴィエ・ドランが、男優賞にはウイリアム・ターナーを演じたティモシー・スポールが、監督賞には”Fox Catcher”のベネット・ミラーが選ばれた。

a0112217_17104436.jpg

[PR]
# by ytakano_london | 2014-05-23 17:09 | FILMS映画

FESTIVAL DE CANNES 2014 day10

a0112217_1714545.jpg
Day10  Un Certain Regard Winner “White God”
 ある視点部門の受賞者が発表された。近未来を描くディストピア映画の“White God”。主人公の少女と愛犬との関係を描くハンガリー映画だ。雑種犬に重税がかかり、多くは殺される運命にある。雑種犬である愛犬を失い、その愛犬を探す13歳の少女の目から描かれる物語。目を奪うシネマチックな映像はファンタジー風でもあり、バイオレンスや笑いもからまる圧巻。
[PR]
# by ytakano_london | 2014-05-23 16:53 | FILMS映画

FESTIVAL DE CANNES 2014 day9

Day9 “Jimmy’s Hall”
カンヌ映画祭が愛して止まない英国監督の一人、ケン・ローチ。新作の「Jimmy’s Hall」.
が上映された。背景はアイルランド。地元の人たちのための音楽ホールを運営したいと願うジミーは、若者たちから敬愛されるちょっとしたローカル・ヒーローだ。教会との対立など、アイルランドならではのテーマに目を向ける。
a0112217_13265874.jpg

[PR]
# by ytakano_london | 2014-05-22 13:21 | FILMS映画

FESTIVAL DE CANNES 2014 day8

Day8 “The Search”
 あの『アーティスト』で2011年のカンヌの話題をさらったミッシェル・アザナビシウス監督の新作はチェチェン闘争のど真ん中に放り出された少年と、慈善団体に勤務する外国女性との出会いを描く。子役アブデゥルくんや、その他現地のノンプロ・キャストの参加、グルシア・ロケなど、監督の意欲作。これまでコメディからドキュメンタリーまで手掛けてきたと言う彼の手腕が光る。『アーティスト』を制作したころから作りたいと思っていた1本だという。
a0112217_9343313.jpg

a0112217_9361285.jpg

[PR]
# by ytakano_london | 2014-05-22 09:25 | FILMS映画

FESTIVAL DE CANNES 2014 day7

Day 7 " Two days, one night"
ヨーロッパの日常を描きつつ、常にヒューマニティという課題に取り組んできたダルデンヌ兄弟。新作はフランスの最も才能ある女優マリオン・コティアールが主演を務める。究極の顔合わせ?!
職場を解雇されそうになった主人公サンドラが、職場で行われる多数決の票を集める為に、週末同僚を自宅に尋ねるという設定だ。そこで描かれるのは、生計を立てる為にぎりぎりの生活をする人々の、それぞれの人生、生活だ。それを受け入れ、明日の為に希望を捨てないサンドラの物語。
a0112217_9243813.jpg

[PR]
# by ytakano_london | 2014-05-21 09:21 | FILMS映画

FESTIVAL DE CANNES 2014 day6

Day 6 "Map of Stars"
 クローネンバーグの新作は、ハリウッドを辛辣に描いた風刺作。今回もロバート・パティンソンが出演。
ジュリアン・モーア、ジョン・クーザック、ミア・ワスコウスカとキャストはいつも以上に豪華。
a0112217_1831551.jpg

 
[PR]
# by ytakano_london | 2014-05-19 18:27 | FILMS映画

FESTIVAL DE CANNES 2014 day5

Day5  ” El Ardor ” 

 アルゼンチンのジャングルを背景にした、ウエスタン風の物語。
人里離れた土地を守り、油田開発に屈しない父と娘。
彼等の逆境の助っ人として現れるワイルドな男をガエル・ガルシア・ベルナールが演じる。
現代とも過去とも思える設定、数人のキャストによるインテンスな演技。
自然主義的でもあり、寓話的でもあり、西部劇のようでもあり、モラルに訴えかける人間ドラマ。
素朴なアプローチが感じが何故か心に残るのだ。
a0112217_18371251.jpg

[PR]
# by ytakano_london | 2014-05-18 18:28 | FILMS映画
line

ロンドン在住ライターのブログ。音楽、映画、舞台、街の話題など


by ytakano_london
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite